浄化槽保守点検、工場・厨房排水除害施設保守点検、マンション・ビル設備管理等は、テムズにおまかせください

tems

"" 有限会社 テムズ
〒341-0013
埼玉県三郷市小谷堀56-1
 TEL:048-950-0501
 FAX:048-950-0500
HOMEリンク会社情報業務紹介お問い合わせ一般ユーザーの方メンテナンス業界ネットワーク化構想浄化槽保守点検排水設備保守点検注水設備保守点検配水管洗浄各種槽内洗浄貯水槽清掃・管理浄水設備管理文献・資料紹介個人情報保護
 

回分式活性汚泥法

回分式の浄化槽について


■回分式活性汚泥法


 一つの槽で、ばっ気槽と沈殿槽の機能をこなす活性汚泥法。
原水の流入

ばっ気

沈殿

処理水の排水
を一つのサイクルとして、1日に数回繰り返し処理を行なっていきます。

1サイクルの中でそれぞれの工程を自由に設定できるので、負荷条件の変動に強いと言われています。
しかし、実際は工程を設定するために専門的な知識が要求され、施設によっては設定を自由に変更することが困難なものもあります。
特に設計処理水量を超えるような流入がある場合には、対応しきれない場合があります。

 テムズでは、回分式の浄化槽の点検を数多くこなしております。

 


■回分式活性汚泥法を利用した浄化槽


回分式の浄化槽も膜処理型と同じように沈殿槽がないため、設置面積を小さくすることができます。

反面、槽の構造、配管の構造などが複雑になっています。

負荷変動には強いですが、流量が設計と大きくかけ離れる場合には注意が必要です。


クリックすると拡大します  

ユニット部
クリックすると拡大します  

回分式浄化槽の処理フロー図です。

保守点検は1週間に1回実施が通常です。

点検時にはMLSS計と汚泥界面測定機が必須です。